ニートの贅沢風俗三昧

人のものだからこそ興奮するんだよなぁ

人のものだからこそ、奪いたくなるってこと、ありませんか?僕は人のものが大好きです。人が持っているものは、全部欲しい。その中でも、特に欲しくなるのが女です。デリヘルとかの風俗には、そういう人妻がわんさかいるんですよね。まさに女の宝庫。そんなこともあって、最近はデリヘルで人妻を使いまくっています。「旦那とかいるのに、プレイしていて良いの?」と僕が聞くと、「内緒で働いているんです」という彼女。内緒で風俗嬢なんて、きっとわけがあるんだろうなぁ。そんなことを考えながら、「へぇ!その旦那ってそんなに良い人なの?」と彼女の心を揺さぶる僕。さらに「だって奥さんが稼がないとやっていけないくらいしか稼げない男でしょ?」と僕。「そんなことないです。とても優しい人なので、支えてあげたくて」と彼女。できた人妻だぁ。でも、人のものってそういう思いがあればあるほど、奪いたくなるんですよね。「ねぇ、今度食事に行かない?」僕の言葉で、彼女はさらに同様していました。

非日常を体験できるイラマチオがお気に入り

非日常を体験できるのが、風俗の良さです。僕はもともと彼女がいて、定期的にあってそういうことをしています。しかし、普通にプレイするだけだったら、新鮮味もなくなってくるんですよね。そこで、風俗を使って楽しんでいます。昨日はデリヘル嬢を呼んで、イラマチオをやりました。こんなやんちゃなプレイ、彼女にはできません。いや、彼女にもやってみたいですが、どうでも良いデリヘル嬢とかにしかできませんよ。無理にしゃぶらせて、髪の毛を掴んで前後に刺激させる僕。相手の風俗嬢は、大きい僕のアソコを咥えながら、とてつもない顔をしている。そんな光景。僕はさらに手を動かして、彼女がしゃぶれるようにする。強制的な感じがたまらなく気持ち良い。風俗をせっかく使うなら、風俗でしかできないことをすべきです。もちろん、僕は他にもやってみたいプレイがあるから使いますよ。彼女には悪いですが、彼女が大切だからこそ、彼女とはできないプレイを店でやるってことですね。